Googleマイビジネスの現状を把握する

Googleマイビジネスの重要性

お客様が主幹されるビジネスのGoogleマイビジネスが現在どのような状況にあるかご存知でしたでしょうか?
実際のところ、Googleマイビジネスという名称すらご存じないweb関連事業者もいるくらい、まだまだマイナーな領域な事から、全くご存知ない方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

まずはご自身のGoogleマイビジネスの現状を把握することが先決。
ここからはGoogleマイビジネスの現状把握方法についてご案内していきます。

Googleマイビジネスは自動的に生成されます

GoogleマイビジネスはGoogle側が自動的に収集した情報を元にGoogleマップ上にプロットしています。
新店舗でない場合は比較的高い確率で既にマイビジネスが生成されていると考えて良いでしょう。

実際にGoogleマップでご自身の店名や施設名、企業名で検索をしていただくと、既にマップ上に情報が登録されているのではないでしょうか?

Googleが自動生成したマイビジネス登録情報には、インターネット上にある様々な情報源をGoogleのアルゴリズムが判断して登録していることから、必ずしも正しい情報が登録されているとは限りません。情報の参照元は新旧問わずお客様のビジネスに掛かる記述がなされたwebサイトであることから、最新ではない情報や、ネガティブな情報、更には間違った情報であってもそのまま掲載され続けてしまいます。つまり、Googleマイビジネスを主体的に管理していない場合は、運悪く誤った情報がGoogleを経由して発信されてしまっている可能性があることに留意しなくてはなりません。

また、比較的著名な店舗やファンが多いビジネスの場合は口コミが掲載されている事も珍しくありません。ご自身のビジネスに関してGoogleを介して口コミが掲載されていることについても認識しておく必要があります。

それでは実店舗や拠点をお持ちであれば、Googleマイビジネスを検索して現状を確認していきましょう。

ご自身のGoogleマイビジネスの見つけ方

Googleマイビジネスの検索方法

Googleマイビジネスそのものは1つの概念ですが、表示される場所や表示のされ方には複数のパターンがあります。
主要なところでは、
・PCからのGoogle検索結果
・PCからのGoogleマップ検索結果
・iOS端末のブラウザアプリのGoogle検索結果
・iOS端末のGoogleマップアプリの検索結果
・Android端末のブラウザアプリのGoogle検索結果
・Android端末のGoogleマップアプリの検索結果
で表示形式や項目に差があり、
特にAndroid端末とiOS端末のGoogleマップアプリの検索結果画面には比較的大きな違いがあります。

GoogleマイビジネスはGoogleのサービスなので、
Android端末の方が実装されている機能が豊富な傾向があると言えます。

Googleマイビジネス検索時のキーワード入力方法

Googleマイビジネスはキーワードによって検索します。

ここで注意しなければならないのは、
必ずしも正しい表記で表示されるとは限らないということと、
重複して登録されている可能性があるということです。
このため、
これからご案内する検索方法全てで一度検索を行い、
モレ・ダブリがないかどうかについても把握しておくのが良いでしょう。

店舗・施設名で検索する

ほとんどの場合はこの検索で発見できます。
ただし、名称が漢字やアルファベット表記の場合は、その読み方の表記をひらがな、カタカナでも検索してみましょう。

この方法で検索結果にない場合は、
英数であれば、全角・半角・大文字・小文字でも検索を試してみましょう。
カタカナでも全角半角で検索してみてください。

店舗・施設名の一部で検索する

「Googleマイビジネス登録代行無料サービス」のような複合語の場合は、単語を切り離して、
Google マイビジネス 登録 代行 サービス のように区切って検索してみましょう。

店舗・施設名+住所で検索する

Googleマイビジネス登録代行無料サービス + 品川区○○XX
のように、住所を加えた形で検索すると、より結果が絞り込まれます。

住所だけで検索する

東京都港区芝公園4丁目2−8 のように検索します(東京タワーです)
見つからない場合や重複確認を行う場合は、
町丁目表記やハイフン表記でも検索を行うと良いでしょう。

代表電話番号で検索する

ハイフンを入れるか入れないかでそれぞれ検索してみましょう。

ホームページのURLで検索する

webサイトをお持ちの場合は、そのURLで検索して見ましょう。

これらを試してもGoogleマイビジネスが見つからない場合は、新規登録を行います。
新規登録の方法についてはこちらをご参照下さい。

ビジネス情報を登録して確認する – Google マイビジネス ヘルプ

Googleマイビジネスが複数表示された場合

調査中にGoogleマイビジネスが複数表示された場合は、マイビジネスが重複しています。
この場合、Googleプラットフォーム上での検索結果に悪影響を及ぼす恐れがあります。

マイビジネスが重複して存在することになります。
マイビジネスが重複するとGoogleより指摘を受けることもあります。
また一般のお客様にとってはどの情報が正しいのかがわかりにくくまた管理も不便になるため検索順位に悪影響が出るなど様々な不都合が発生します。マイビジネスが重複している場合は、オーナー登録を行い、重複したビジネス情報を統合するのが望ましいでしょう。

重複したビジネス情報を削除または報告する – Google マイビジネス ヘルプ

ビジネスオーナーですか?が表示されるGoogleマイビジネス

この確認が表示されているGoogleマイビジネスはオーナー確認(登録)という手続きが完了していません。
オーナー確認が完了していない場合は、Googleが自動生成したマイビジネス情報を放置しているということになります。先にも述べましたが、誤った情報や不利益な口コミをGoogleを通じて発信してしまっている可能性があります。迅速にオーナー確認(登録)を完了させることが重要です。

Googleマイビジネスに於けるオーナー確認(登録)の重要性

Googleマイビジネスが表示する事業のオーナーであることをGoogleに申告し、受理されることを「オーナー確認」と呼びます。

オーナー確認をしないリスク

オーナー確認を完了していないGoogleマイビジネスには非常に大きなリスクがあります。

というのも、Googleという検索最大手(マップ検索に関してはほぼ寡占と言えるでしょう)が提供するサービスに接触する生活者の大半は、Googleの検索結果に表示されているGoogleマイビジネスの情報を信頼し、参考にするからです。

最大のリスクは、Googleマイビジネスに「閉店」のフラグを第三者が付与出来るという点です。次いで、悪意のある第三者がオーナー権限を取得してしまうこと、そして誤った情報や古い情報が発信され続けることや、不利益な口コミ・評価が放置されるなど、新規顧客の獲得機会の損失のみならず、既存顧客を失う可能性すらあると言えます。

特に第三者によるGoogleマイビジネスのいわば「のっとり」に遭ってしまうと、Google社の協力を仰ぐか、法的な手段で解決するほかなく、いずれにせよ多大な被害を被る事になります。

お客様が主幹するビジネスが、お客様の全く知らないところでこうしたリスクに晒され続けている事を看過してしまうのは避けたい事象であると思います。

オーナー確認をするメリット

オーナー確認が完了すれば、Googleマイビジネスをご自身で管理することが出来るようになります。正しい情報を登録することはもちろんですが、専用の管理画面から様々な機能を活用して、新規顧客だけでなく既存顧客に向けても多くの情報を発信することが出来るようになります。

それだけでなく、ビジネスに有用な様々な機能・・・
一例になりますが、
・お知らせや臨時休業日などの情報発信
・クーポンの発行やイベントの告知
・投稿されたクチコミへの返信や管理
・Googleマイビジネスへのアクセス解析や効果測定
など、
経営戦略に活用できる有用な機能を、
全て無料で利用できる
というメリットがあります。

Googleマイビジネスに登録したくても、出来ない方のために。

Googleマイビジネスの登録方法や操作方法は本サイトでも詳細を掲載していますし、Googleマイビジネスのページでも詳細が案内されていますが、

・PC操作ががあまり得意ではない
・登録方法が複雑でわかりにくい
・本業が忙しくそこまで手が回らない

という方が多いのも事実です。

確かにGoogleアカウントの取得からGoogleマイビジネスの登録・開設等の各種設定作業には、一定のインターネットリテラシーやITリテラシーが必要です。ITリテラシーを持つことに越したことはありませんが、そのために本業が疎かになってしまっては本末転倒ですし、最低限度の情報でも正確性を重視して登録しておくほうが得策と言えるでしょう。

そんなお客様のために、
Googleマイビジネス登録代行無料サービスではお客様のGoogleマイビジネスを完全無料で登録代行致しています。

詳細はGoogleマイビジネス登録代行無料サービストップページを御覧ください。

関連記事一覧