Googleマイビジネスを徹底活用するべき理由

Googleマイビジネスの重要性

Googleマイビジネスは店舗ビジネスや企業ビジネスを主幹される方々にとって、新規顧客を開拓するための必須ツールです。

インターネットのことはよく知らないし、触らぬ神に祟りなし・・・と安易に放置してしまうと、大きな機会損失を生むばかりか、ビジネスに悪影響を与えるリスクを背負う恐れがあるのです。

Googleマイビジネス登録代行無料サービスでは、多くのマネジメント層にGoogleマイビジネスの有用性をご案内して来ましたが、ほとんどの方がGoogleマイビジネス活用の重要性を即時に理解して実行に移して下さっています。

ここではGoogleマイビジネス登録代行無料サービスがこれ迄に培ってきたノウハウを元に、Googleマイビジネスが如何に重要であるかについてご理解いただけるようご案内をしていきます。

Googleマイビジネス - 目次

新規顧客は地域名+商材名=ローカル検索で店舗を探します。

例えばあなたが引越し先で初めて風邪に罹患したとしましょう。
当然あなたは住み始めたばかりのこの土地には道不案内。病院に行きたくとも何も知りません。

そんなときまずあなたがすることは、スマートフォンを取り出して、
「地域名 診療科」
で検索をすることでしょう。

同様に、多くの生活者は、未知のビジネスであっても、
「地域名+商材名」で検索することで、新しいビジネスに出会うのです。

この様な「地域名+商材名」で検索することを、「ローカル検索」と呼びます。
そして、この「ローカル検索」は、Googleの全検索キーワードの8割にも及んでいるのです。

つまり、
あなたのお店やビジネスを生活者に発見してもらいたいなら、
この「ローカル検索」結果の対象内に存在していることが必須であるということがおわかりいただけるかと思います。

Going Local: How Advertisers Can Extend Their Relevance With Search

Googleの調査結果から見るローカル検索の重要性

Googleの全検索キーワードの8割がローカル検索であることは述べましたが、Googleの調査結果によれば、インターネット利用者の8割が検索エンジンを利用しており、検索によって新規の製品やサービスに接触する人は5人のうち4人おり、更に外出先に於けるスマートフォンの検索キーワードの大半がローカル検索です。また、近年ではローカル検索に加え、直接地図(Googleマップ)での検索ボリュームが急激に増加しています。

Infographic: Understanding Consumers’ Local Search Behavior

ローカル検索の4割が当日来店する重要な見込客

Googleの調査結果では

PCユーザーの34%
スマートフォンユーザーの50%

に及ぶローカル検索ユーザーが検索後、当日中に実店舗に来店する傾向があるとしています。

ローカル検索を行うユーザーは実来店の可能性が極めて高い、非常に重要な見込み顧客だと言えるでしょう。
こうした見込み顧客に積極的にアプローチしていくことが、ローカルビジネスに於ける要諦なのです。

Understanding Consumers’ Local Search Behavior

ローカルビジネスを検索するユーザーの4割が最初からGoogleマップを活用しています

Googleマップはその革新性から圧倒的なシェアを誇る地図サービスで、検索対象によらず様々な目的で活用されています。Googleの調査によれば、生活者の4割以上が目的の場所を検索する際に最初からGoogleマップで検索を行っています。

実はこのGoogleマップ上に事業の主体者が自ら検索結果の対象として情報を掲載できるのは「Googleマイビジネス」だけで、いかにwebサイトのコンテンツや更新を充実させても、Googleマップ上に登録されることはありません。従って、Googleマイビジネスの掲載情報を充実させ、Googleマップ上の検索結果に表示されなければ、生活者の4割以上の見込み顧客を失うことになるのです。

Impact of Search Listings for Local Businesses(PDF)

Googleマップ上の店舗はGoogleマイビジネス

ローカル検索やGoogleマップでの検索がスマートフォンユーザーに対して有効なのはご理解頂けたと思いますが、実はGoogle検索に於いてはPC環境に於いてもGoogleマップへの対策が非常に有効です。

試しにGoogleで地域名+商材名でいくつか検索をしてみましょう。

検索結果ページの上部に、Googleマップとともに店舗や施設の写真が3列表示される検索語が見つかるはずです。この3列の表示を「3パック」と呼びます。

Googleマップへの登録情報はもとよりこの3パックの表示は「Googleマイビジネス」に登録された情報が表示されています。Googleマップ上では、すべての店舗や施設がGoogleマイビジネスの情報として登録されて、検索者はそのマイビジネスに登録されている情報を参照する事によって、目的地を探すことが出来ます。

GoogleはGoogleマップ上にお客様のwebサイトなどの代わりにGoogleマイビジネスとして実在する世界中の店舗情報や施設情報の掲載を進めています。こうした動向から、Googleマイビジネスを活用しないことで極めて多大な機会損失を被っているのが店舗や施設の運営主体になってくるのです。

Googleマップの対策は関係ないと思われているPC環境に於けるの検索結果にも、Googleマイビジネスが大きく影響しています。

Googleマイビジネスに登録するメリット

Googleマイビジネスに登録するメリットは大きく分けて3つあります。

お店や施設の情報を、オーナー主幹で正確かつ魅力的にタイムリーに発信できます
お店や施設を多くの新規の見込客に見つけてもらえる可能性や機会が増加します
Googleマイビジネスを見た生活者の行動を分析でき、次のアクションに活かせます

Googleマイビジネスの登録情報を自分で管理できるようになります

オーナー確認を行うことでマイビジネスの編集権限がお客様に集約されます。

Googleマイビジネスが表示する事業のオーナーであることをGoogleに申告し、受理されることを「オーナー確認」と呼びます。オーナー確認が完了すると、Googleマイビジネスの登録情報をご自身で管理することが出来るようになります。オーナー確認を行うことで、閲覧者やGoogleが行う登録情報の変更に関して、ご自身の判断で承認や拒否が出来るようになり、誤った情報の発信を未然に防ぐことが出来るようになります。

投稿機能を活用することで、新しい情報を発信できるようになります。

オーナー確認が完了した後は、Googleマイビジネスに店舗や施設、商品などの写真を掲載することができます。また、投稿機能を活用することで、各種イベント情報やクーポン情報をGoogleマイビジネス上に表示できるようになるため、閲覧した新規の見込み客への訴求ばかりでなく、既存顧客への再来店促進もできるようになります。

営業時間や臨時休業もタイムリーにお客様に知って頂けます

オーナー確認が完了すると、営業時間や定休日の設定ができるようになります。特に便利なのが臨時の休業日や営業時間の変更に関しても即配信することができる点。新規顧客だけでなく、既存顧客へのサポートもGoogleマイビジネス経由で可能となります。

新規顧客獲得の機会が増加します

Googleマップの検索ユーザーに対しては、Googleマイビジネスが店舗や施設に相当することはこれ迄にも述べました。Googleマップの検索結果は、Googleマイビジネスに登録されている情報を元に構成されていますので、Googleマイビジネスにしっかりとした情報を網羅的に掲載しておくことで、検索ユーザーに対する接点が増えるメリットがあります。

また、Googleの検索結果画面は、PCやスマートフォンだけでなくGoogleマップにおいても、検索ユーザーの興味嗜好に応じてある程度自動的に最適化されているため、Google側で検索ユーザーとGoogleマイビジネスの登録内容をある程度マッチングしてくれている点も見逃せません。

例えばガンダムが大好きな検索者が秋葉原でカフェを検索すると、ガンダムカフェが優先的に表示されるようなイメージです。

Googleマイビジネスの閲覧・訪問ユーザーの行動を解析できます

Googleマイビジネスには「インサイト」という機能があり、管理画面からアクセスすることが出来ます。このインサイト画面で、お客様のGoogleマイビジネスがどのくらい表示され、閲覧されたのかをグラフィカルな画面で確認することが出来ます。
しかも、どの様な検索キーワードで表示・訪問されたか迄分かるようになっているため、Googleマイビジネスの登録情報の内容や、その後の更新にあたって、どの様な情報を配信していくべきか検討だてる事が出来るという訳です。
そして驚くべきことに、Googleマイビジネスに訪問した生活者が、次にどの様な行動をしたのかも分かるようになっています。webサイトへの訪問、ルート検索の実行、電話回数など、Googleマイビジネスがどの程度マーケティングに役立ったのかをある程度把握することが出来るのです。

今後実装される可能性がある「フォロー機能」

Googleは頻繁にGoogleマイビジネスの機能強化を図っており、最近ではGoogleマイビジネスのフォロー機能が実装されました。現段階では日本向けにロールオーバーされていませんが、海外向けの端末からは日本のGoogleマイビジネスをフォローすることも出来る場合があります。このフォロー機能はSNSのようにフォロワー向けの情報配信の機構に活用される観測があり、Googleマイビジネスの更なる有効活用が期待されています。

検索市場に於けるGoogleの圧倒的ポジションとGoogleマイビジネスの展望

現在日本の検索ユーザーの大半が利用しているYahoo!やGoogle。実はYahoo!JAPANの検索エンジンはGoogleが提供しているもので、実に9割以上の検索がGoogleのシェアを掌握しています。以前はYahoo!JAPANもYSTという独自の検索エンジンがありましたが、Googleの圧倒的なシェアを前に、ついぞ検索市場に於いてはGoogleが実質的に寡占したと言えるのです。

そんなGoogleに於いてもとりわけ、具体的な店名や施設名、企業名が判然としないものの、目的が明確な検索に於ける「地域名+商材」=ローカル検索のシェアでは、カバレッジの8割を占めています。更にはじめからGoogleマップで検索を行う生活者は4割を超えており、現在時点でGoogle=インターネットと言っても過言ではない事情が伺えます。

主要40カ国の検索エンジンシェア調査。Googleがシェアトップでないのは中国・ロシアのみ【アウンコンサルティング調べ】 | Web担当者Forum

そんなGoogleが次に成長の柱に据えているサービスこそがGoogleマイビジネスと言えます。
Googleマイビジネスの機能強化や、Google独自のSNS閉鎖から鑑みるに、今後Googleマイビジネスは同社に於ける次のプラットフォームとして拡張されていくことは想像に難くありません。
勝負事の基本は勝ち馬に乗ることです。
検索市場に於けるシェア1位のGoogleが注力するGoogleマイビジネスを、今のうちから積極的に活用して時流に乗っておくのが得策でしょう(なにより無料ですし)。

Googleマイビジネスの運用は持続的な効果を発揮する資産になります

既にwebサイトやSNSアカウントをお持ちで運用されていれば、GoogleマイビジネスがGoogleプラットフォーム上に於ける「アカウント」として集客施策に有効な手段であることはお気づかも知れません。

Googleマイビジネスに注目すべき理由は、「ローカル検索」に極めて有効であることや、Google「マップ検索」に限れば、対応出来る手段がGoogleマイビジネス以外にないことです。

Googleマイビジネスに一度しっかりと情報を登録しておけば、あとは日常のメンテナンスを施して行くだけで、費用を掛けずに効果を持続させることができます。

Googleマイビジネスの費用体効果はwebサイトやSNSのアカウントと同様に自力運用であれば一切の出費を伴わないことから、リスティング広告やバナー広告を筆頭とするいわゆる広告施策と比較して圧倒的なパフォーマンスを誇ります。

このため、長期的な視野で包括的なインターネットマーケティングに取り組む意向があっても、まずは自社サイトやGoogleマイビジネス、各種SNS向けの、無料で出来る範囲のプラットフォーム対策を終えてから着手するのが盤石であると言えるでしょう。

Googleマイビジネスは海外からの旅行者や訪問者にも効果的です

Googleマイビジネスの優れた点はその「翻訳機能」です。Googleマイビジネスに登録されている情報は、閲覧しているユーザーの使用している言語に自動的に翻訳されて表示される機構となっています。更に、Googleマイビジネスに登録された口コミ迄自動的に翻訳される為、旅行者にとっては「現地人に人気がある場所を探す」最適なガイドとして機能します。

現時点での日本のグルメサイトなどガイドポータルサービスは多言語に対応していませんが、Googleのサービスはほとんどの主要な言語に対応しているため、特に日本に於いてはGoogleマイビジネスの利用率が高い傾向になっているのも特徴です。このため、外国語圏ユーザーが寄せる口コミ情報は労を要せずに海外向けの集客施策となる点も見逃せないポイントでしょう。

Googleマイビジネスにオーナー登録をせず管理もしないことのリスク

Googleという「世界」に存在しないことに!?

これまで述べて来たように、Googleマイビジネスが作成されていなければ、Googleマップ上ではそのお店や施設は存在していないことになります。
Googleの検索ユーザーの4割以上がはじめからGoogleマップで検索を行う事を鑑みると、非常に恐ろしい事態ではないでしょうか。
GoogleマイビジネスはGoogle自身が自動で作成したり、第三者が勝手に作成することも出来るため、必ずしもオーナー登録をする必要はありません。しかし放置しておくリスクについても十分に理解しておく必要があります。
Googleマイビジネスにオーナー登録をしないということは、Googleプラットフォーム上にあるご自身のビジネスの「アカウント(分身)」を放置しておくことと同義になります。
ここではGoogleマイビジネスを放置した際に起こり得るリスクについてご案内していきます。

全く関係ない写真が自分のお店・施設のメイン写真になっている

Googleマイビジネスが管理されていない状態ですと、住所情報から自動的に登録されたストリートビューがメイン写真になる事があります。つまり、ただの道路や隣接店舗、壁面等がお店のメイン写真として登録されている可能性がある訳です。また、Googleアカウントを持っているユーザーであれば、Googleマイビジネスに対して写真を投稿する事ができるため、悪意を持って無関係またはビジネスに悪影響のある写真がメイン写真に登録されてしまう可能性も否めません。

知らないうちに口コミ掲載欄が炎上していた

食べログというサービスは主にユーザーの口コミや投稿写真から成立しているいわば事業主体者が関与できないメディアです。極めて多くの生活者が掲載情報を参考にしてお店を選んでいますが、その一方で、毎年のように炎上騒ぎが発生しているのをご存知の方もおられるかも知れません。

同様に、Googleマイビジネスの「口コミ」も第三者が自由に記入することができる開かれたメディアとなっています。

Googleマイビジネスにオーナー登録をしておけば、口コミに対して「返信」をすることが出来るようになります。また、無根拠な誹謗中傷に対しては、削除要請を出すことも出来ます。つまり、ユーザーと交流を深め、かつ、自分のビジネスを防衛する事が出来るようになります。

悪意を持った第三者が悪い口コミを大量に投稿したり、経営者が知らない過失への指摘を放置していた場合、
知らないうちにGoogleマイビジネスを通じて悪評を全世界に発信してしまっていた
というリスクが考えられるのです。

いつのまにか閉業になっていた・・・

口コミの放置も恐ろしいのですが、もう一つ恐ろしい事象が「閉業」マークです。

Googleマイビジネスには「閉業」マークがあり、なんと第三者が付与することが出来ます。

突然閉店してしまう店舗や施設があるため、Googleがユーザー利便性を高める目的で付与した機能なのですが、いたずらや悪意を持ったユーザーに知らないうちに「閉店」マークをつけられてしまう可能性があります(閉業マークだけにその確率は高いです)。

この際、Googleマイビジネスにオーナー登録をしておけば、
「情報の修正が第三者によって提案された」という通知があるため、拒否をすることも出来るのですが、オーナー登録を済ませていなければ、誰かが修正をしない限りそのまま「閉業」マークがついてしまったままとなります。

当然ながら閉業マークのついた店舗や施設に新規顧客の来店は見込めませんし、「閉業」したことがGoogleマイビジネスを通じて全世界に発信されてしまっていることから、多大な機会損失を被ることは想像に難くないでしょう。

Googleマイビジネスにビジネスにオーナーとして登録し、しっかりとした情報を入力し、積極的な情報発信に務めることの重要性をご理解頂けたのではないでしょうか?

Googleマイビジネスに登録したくても、出来ない方のために。

Googleマイビジネスの登録方法や操作方法は本サイトでも詳細を掲載していますし、Googleマイビジネスのページでも詳細が案内されていますが、

・PC操作ががあまり得意ではない
・登録方法が複雑でわかりにくい
・本業が忙しくそこまで手が回らない

という方が多いのも事実です。

確かにGoogleアカウントの取得からGoogleマイビジネスの登録・開設等の各種設定作業には、一定のインターネットリテラシーやITリテラシーが必要です。ITリテラシーを持つことに越したことはありませんが、そのために本業が疎かになってしまっては本末転倒ですし、最低限度の情報でも正確性を重視して登録しておくほうが得策と言えるでしょう。

そんなお客様のために、
Googleマイビジネス登録代行無料サービスではお客様のGoogleマイビジネスを完全無料で登録代行致しています。

詳細はGoogleマイビジネス登録代行無料サービストップページを御覧ください。

関連記事一覧