Googleマイビジネスを常にベストな状態にする

Googleマイビジネスの重要性

Googleマイビジネスのオーナー確認が済み、ある程度の情報の入力が完了すれば、まずは一安心と言えるでしょう。更に一歩踏み込んでGoogleマイビジネスをマーケティングツールとして活用していくには、検索者に「見つかる」必要があります。そのためには、競合よりも魅力的で充実したマイビジネスに育てていく必要があります。

ここではお客様のGoogleマイビジネスがより多くの検索者の目に留まる為のテクニックについてご案内していきます。

Googleマイビジネスを検索者により多く検索されるには

試しにGoogleの検索エンジンで
「地域名+商材名」(ローカル検索)
を行ってみましょう。

検索結果の丈夫にGoogleマップと一緒に3つのGoogleマイビジネスが表示されていますか?
この検索結果は、Googleマップ上での同様の検索結果に於ける上位3位が表示されています。

Googleマップでの検索結果が3位以内にあれば、PCやスマートフォンの通常のキーワード検索でも結果画面の上部に表示されるようになっています。つまり、Googleマップに於ける検索結果で上位表示されることで、キーワード検索に於いても上位表示されるのです。

Googleマップで検索対象になるのはGoogleマイビジネスしかありませんので、Googleマイビジネスの情報を検索者にとってより魅力的で充実した情報に保っておくことが、より多くの検索者の目に留まる為の唯一の施策となる訳です。

ローカル検索に於ける順位の要件とは

Googleが明示している検索順位の要件は、
「検索語との関連性」「検索語または検索者からの距離」「ビジネスそのものの知名度」となります。

検索語との関連性

検索語との関連性とは、検索されたキーワードとGoogleマイビジネスに登録されている情報との関連性の高さを表しています。単純に言えば、検索語が「横浜 ラーメン屋」であれば、Googleマイビジネスに登録されている情報に「横浜」「ラーメン屋」というキーワードが多く含まれていることで検索語との関連性が高まります。ただし、無理に関連性を高めようと無理に検索語を羅列したり、繰り返す様な不自然な文章になっていると、Googleから逆にペナルティを課されてしまうため注意が必要です。

検索語または検索者からの距離

検索語に地域名が入っている場合はその場所からGoogleマイビジネスまでの距離、検索語に地域名が入っていない場合は、検索者が使用しているデバイスGPS等の位置情報からGoogleマイビジネスの距離の事を指しています。通常距離が近い方が上位に表示される傾向がありますが、検索者の意図を鑑みた順位が上位表示される場合があります。代表的な例であれば、東京タワーや東京ドームは東京から離れていても上位に表示されます。

ビジネスそのものの知名度

ビジネスがインターネット上で有名であればGoogleマイビジネスも同様の扱いを受けます。
Googleマイビジネスオーナー確認前の情報はGoogleがインターネット上にある情報・・・例えばポータルサイトやメディアサイト、個人サイトや個人ブログ、各種SNS等を参照して登録されています。つまり、インターネット上で言及の多いビジネスは知名度が高いと判断され、上位に表示されやすくなります。

Googleマイビジネスの更新頻度

これはGoogleが言及しているわけではありませんが、
Googleマイビジネスの更新頻度や、「投稿」機能の活用頻度、口コミの投稿頻度や返信の頻度なども順位に影響していると考えられています。

Googleに好まれやすいマイビジネスの運用方法

GoogleマイビジネスはGoogleのサービスであることから、Googleの検索アルゴリズムに好まれやすい運用を行うことも上位表示のポイントとなります。しかしこれはあまり難しく考える必要はありません。

ポイントは、
・持っている情報はありったけ登録しておく
・それら情報の鮮度を常に最新にしておく
・更新機能や口コミ返信を筆頭に情報の更新頻度を高める
の3つです。

入力可能な項目は全て入力し最新の情報を維持する

Googleマイビジネスの管理画面から入力可能な項目は全て入力しておくのが良いでしょう。商材・サービスなどは格納される情報量で差を付け易い項目なので、ありったけ入力しておくほうが賢明です。入力された情報量が多いほど、検索者とマイビジネス情報の関連性が多方面で高くなるためです。

営業時間は正確に入力しておき、臨時で変更がある場合も必ず入力する

こちらは更新性を高める効果もありますが、万が一営業時間内に来店またはお問い合わせをしたところ実際には休業していた、というケースで信頼性を損ねる事を避ける目的があります。特に新規ユーザーがそうした体験をしてしまうと、かなりの確率で以降お客様のGoogleマイビジネスを筆頭に実事業に関しても信頼しなくなる恐れがあります。臨時休業や営業時間の変更についても随時入力するのが良いでしょう。

写真はできるだけ多く登録し、可能であれば動画、ストリートビューやインストアビューも掲載する

インスタグラムが良い例ですが、良い写真にはより多くいいねが付くものです。

事業に関する写真情報は質の高い写真をできるだけ多く登録するのが良いでしょう。ただし良い写真というのは機材の問題ではなく、あくまでも閲覧者がその写真を良い写真だと判断出来る技巧の意味であって、必ずしもプロに依頼したり、一眼レフカメラで撮影する必要はありません。スマートフォンでも十分に良い写真は撮影できるものです。

撮影し登録しておくべき写真は、実店舗であれば、外観・内観・商品商材など、来店時のイメージが湧きやすい内容を優先的に登録していくのが良いでしょう。動画の掲載も出来るので試してみても良いでしょう。写真の枚数はGoogleのアルゴリズムの評価対象になりますので、数は多いほうが良いとされています。

また、スマホアプリや全天球型のカメラを使えばご自身でストリートビューやインストアビューを撮影することも出来ます。もちろんプロに依頼しても、数万円~で対応してくれます。こちらも登録しておくと差を出しやすいでしょう。

更新性を高める

「投稿」機能は最も更新頻度を増やしやすいため積極的に活用したい機能です。また登録済みの情報も常に最新にしつつ、テキストボリュームを増やす運用を行うことでGoogleマイビジネスの強化が図れます。特に競合ビジネスよりも上位に表示されたい場合は、必ず競合ビジネスよりも多くのテキスト情報が登録されているように維持しておきましょう。

Googleマイビジネスに登録したくても、出来ない方のために。

Googleマイビジネスの登録方法や操作方法は本サイトでも詳細を掲載していますし、Googleマイビジネスのページでも詳細が案内されていますが、

・PC操作ががあまり得意ではない
・登録方法が複雑でわかりにくい
・本業が忙しくそこまで手が回らない

という方が多いのも事実です。

確かにGoogleアカウントの取得からGoogleマイビジネスの登録・開設等の各種設定作業には、一定のインターネットリテラシーやITリテラシーが必要です。ITリテラシーを持つことに越したことはありませんが、そのために本業が疎かになってしまっては本末転倒ですし、最低限度の情報でも正確性を重視して登録しておくほうが得策と言えるでしょう。

そんなお客様のために、
Googleマイビジネス登録代行無料サービスではお客様のGoogleマイビジネスを完全無料で登録代行致しています。

詳細はGoogleマイビジネス登録代行無料サービストップページを御覧ください。

関連記事一覧